賃貸借関係

土地・建物の賃貸借関係について,お困りの点はございませんか?
賃貸人サイドからの法律相談,賃借人サイドからの法律相談,いずれもお受けいたします。

借家のトラブル(貸主側)

アパートやマンションなどの貸主が直面する身近な法律問題としては,借主が賃料を滞納しており,何とかして回収したい,それが無理なら退去させたいというケースが一例としてあげられます。

賃料の滞納を未然に防止するためには,適切な額の敷金を設定することが考えられますが,それでもまかなえない場合,最終的には,法的手段により退去を求めざるを得ないこともあります。

建物賃貸借契約の解除については,賃借人保護の観点から一定の法理が確立しており,賃貸人側からの解除請求が容易に認められるわけではありません。紛争の長期化を避けるためにも,まずは,当事務所にご相談ください。

借家のトラブル(借主側)

アパートやマンションなどの借主が直面する身近な法律問題として,契約終了時に,貸主が敷金を返還してくれない(返還額が少ない。)というケースが一例としてあげられます。

一般に,借主が貸主に預けた敷金は,賃貸借契約終了後,未払い賃料などに充当し,残額を貸主に返還すべきですが,室内のクリーニング代などの名目で敷金が返還されないなどの例も現実にはあるようです。

賃貸借契約の内容にもよりますが,本来であれば,賃借人がアパート・マンションを使用するにあたっての通常損耗については,賃貸人が甘受すべきで,敷金から充当するのは不当に思われます。この点,国土交通省のガイドラインなども出されておりますが,このような法的問題に直面した場合,まずは,当事務所にご相談ください。

借地のトラブル

賃貸人が直面しうる借地のトラブルとしては,賃借人の権利関係が変動した場合が多いように思われます。例えば,借地人に土地を貸し,その借地人がその土地の上に建物を建て所有していたところ,当該建物を第三者に売却したとは,その借地人が亡くなり,その子らが借地人を相続した場合などです。このような場合,権利関係が複雑化しますので,まずは,当事務所にご相談ください。

逆に,賃借人が直面しうる借地のトラブルとしては,地代に関するものが多いように思われます。地代が近隣相場に比し高い場合,地代減額の調停を申し立てることなどが考えられますが,まずは,当事務所にご相談ください。

 

Copyright(c) 2012 やまと法律会計事務所 All Rights Reserved.