遺言・相続業務

遺言や相続について,お困りの点はございませんか?
遺言書の作成,遺産分割協議書の作成,遺産分割協議が整わない場合の家事調停事件や家事審判事件の代理業務,遺留分減殺請求訴訟の提起,さらには成年後見に関する業務など,相続全般について,サービスを提供いたします。

遺言書のトラブル

遺言書は,売買契約書などと異なり,一定の形式に則って作成すべきことが法律で決まっています。この形式を無視すると,せっかく書いた遺言書が無効となってしまいます。

遺言は,被相続人の意思を相続人に示すことにより,被相続人の死後紛争が生じないことを目的として作成されるものです。それなのに,形式を無視して遺言書が無効になってしまっては,遺言書作成の目的が全く果たせません。遺言書の作成について,当事務所にご相談ください。

遺言書がない場合のトラブル

遺言書がない場合,被相続人の遺産は,法定相続分に従って相続人間でわけられることになります。

しかし,法定相続分はあくまで割合が示されているだけで,相続財産中の度の財産をだれが具体的に承継するのかという点は,共同相続人間の協議で決められることになります。

遺産分割協議書の作成,遺産分割協議が整わない場合の法的手続のご相談等,ぜひ当事務所にお尋ねください。

贈与・遺贈があった場合のトラブル

被相続人が生前贈与をしていた場合,あるいは遺贈をした場合,その贈与・遺贈が相続人の遺留分を侵害しているときには,その相続人は遺留分減殺の請求をすることができます。

遺留分は,被相続人の意思と相続人の相続に対する期待のバランスを取っている制度であると考えられますが,減殺請求のためには時効期間を厳守する必要があり,また,贈与・遺贈の目的物が不動産である場合,その持分の所有権移転登記請求をすることになるという点で,非常に法技術的な手続が問題となります。遺留分についてお悩みの方は,当事務所にご相談ください。

相続と税金

また,相続問題には,税金の問題が必然的に伴います。税務問題についても,あわせてぜひ,ご相談ください。

 

Copyright(c) 2012 やまと法律会計事務所 All Rights Reserved.